•  

      流浪の月

      凪良ゆう

       

      あなたと共にいることを、

      世界中の誰もが反対し、

      批判するはずだ。
       

      それでも文、

      わたしはあなたのそばにいたい――。


      実力派作家が遺憾なく本領を発揮した、息をのむ傑作小説。

    • 『流浪の月』は主人公であるふたり、更紗と文が長い時間をかけて紡いでいく関係に、どんな名前をつければいいのか、ずっと探していく物語なのかなと思います。どこもなにも尖ってないのに人を刺せる刃物が確かにあって、それらに常識や正義感や善意という名前がついているとき、一体どうすればいいのか。

      ふたりと一緒に長い旅をするように読んでいただけると嬉しいです。

      凪良ゆう

    • 流浪の月

      凪良ゆう

       

      判型:四六判仮フランス装

      ページ数:314ページ

       

      定価:1,650円

        (本体価格:1,500円)

       

      初版:2019年8月30日

      ISBN:978-4-488-02802-2

      Cコード:C0093

      写真:Arx0nt/Getty Images

      装幀:鈴木久美

    • 【書店員さんによる応援コメントの一部をご紹介】

       

      心のざわつきが止まらない。読んでいて溺れそうになる。こんな小説は初めてだ。不穏で、もどかしくて、苦しくて、どうしようもなく美しい。
      東京旭屋書店新越谷店 猪股宏美さん

      ここに書かれていることがすごくよく判る。普通に生きているだけなのに、他人から言外に、あるいは声高に、多くのことを強要される人の、静かな絶望を思う。幾百幾千幾万の文と更紗と同じ魂に幸あれ。
      精文館書店佐鳴台店 貝塚知香さん

      誰かを好きになるってどういうことなのか? 他人からみたら異常な愛かもしれない。それでも好きな人のそばにいて、好きな人を独りにしない。架空の話だけど、そんな風に生きている彼女と彼を僕はずっと見守っていたい。
      MARUZEN&ジュンク堂書店渋谷店 勝間 準さん

      読み終わって、少し泣いて、放心した。悲しいのとも違うこの感情をなんと呼べばいいのか分からないけれど、いま、
      主人公の二人に祝福を、と祈らずにはいられないのだ。
      丸善名古屋本店 熊谷由佳さん

      「どんでん返し」や「異常なほどの衝撃的な展開」は無い。なのにもかかわらずこの作品は僕の心に大きな感動を与えてくれた。きっとこの作品は僕にとって大切な1冊になると思う。
      TSUTAYA BOOKSTORE五反田店 栗俣力也さん

      一見穏やかな物語かと美味しく堪能していたらいつの間にか柔らかい毒がゆっくりとまわっていて体中を巡って最後に静かにとどめを刺されたような。もうすっかり凪良ゆう中毒にされてしまいました。
      紀伊國屋書店梅田本店 小泉真規子さん

      こころが"なぎ倒された”。どうしょうもない闇のなかで足掻いていた二人が奇跡的に出会い、互いに救われていく。一ページたりとも目が離せない、とてつもない傑作だ。

      戸田書店前橋本店 小暮徹さん


      読んでいる間、何回ため息をついただろう。初読み作家さんの作品で、こんなにスルスルと染みこんでくる作品にはそうそう出会えないので、感謝のため息もつきました。
      丸善広島店 小林裕子さん

      「すごいものを読んでしまった」の一言に尽きます。初めて読んでから時間も経っていますが、未だにこの衝撃を、どんな言葉にも表現できません。この作品は、恋愛小説とも青春小説とも言えませんが、こんなカタチもあるのだと感動しました。
      文信堂書店長岡店 實山美穂さん

      「心が震える」とは、まさにこの小説を読んでいた時の自分の状態を表す言葉だった。言葉にできないことを言葉を尽くして書いた素晴らしい小説。きっと何をどう言っても、この小説の素晴らしさは伝えられない。大傑作。
      SerenDip明屋書店アエル店 武方美佐紀さん

      僕はこの物語を好きだなんて言ってはいけないのかもしれない。更紗を、文を傷つけない自信がない。それでも。どうしようもなく引きつけられる。
      紀伊國屋書店西武渋谷店 竹田勇生さん

      私の語彙力では語り尽くせない。だが、絶対に本屋大賞を獲るべき作品だということだけは断言できる。
      明屋書店空港通店 丹下誠之さん

      いったいどうなってしまうんだ、と続きが気になって一気読みでした。不穏なストーリーのなかで、いまはまだ名づけることのできない人の関係性が、青い月のように輝いていました。こんな強いつながりを得ることができた更紗と文を羨ましく思いました。
      宮脇書店松本店 月元健伍さん

      言葉の選び方や文体が特に新しいとは思わないのになぜか「新しい!」と感じた。作品全体にある切実さがとても強く心を打つ。読む者を作品の中に引きずり込む力がある作品だと思う。
      大垣書店イオンモールKYOTO店 辻 香月さん

      最初から最後まで、著者のほとばしる筆力にただただ圧倒され、息継ぎができないまま一気に読了した。久しぶりにこんなに物語にのめりこんだ。とても素晴らしい作品です。
      ブックランドフレンズ 西村友紀さん

      一見、難しいテーマのもと、少女の成長の過程も含めて喪失と再生が鮮やかに描かれた作品だと思いました。世間一般の常識とか普通を軽々と超えていくような確立された世界観が魅力的。
      明文堂書店富山新庄経堂店 野口陽子さん
      この作品によって救われる人も必ずいるだろうと思う。本当に本当に、自分が信じられる、自分を信じてくれる誰かが、この世界のどこかにいてくれたらどんなに素敵なことだろう。
      須原屋外商部 伴苗弘樹さん

      二人の関係を表す言葉を見つけられない。でも読み終えて感じた心の奥からこみ上げてくるような安心感と幸せな気持ちこそが、答えの出ない言葉の代わりだと思う。居場所に辿り着いた人の強さと幸せの予感を感じた。
      勝木書店本店 樋口麻衣さん

      理解も共感も必要ない。親切という騒音から解放された気高い関係をなぜ、だれもかれもが邪魔しようとするのか。お願いだ、二人をそっとしておいてくれ。何度もそう思いながらページをめくった。
      精文館書店中島新町店 久田かおりさん

      「愛」とか「恋」とか言葉にできる感情を超越した「なにか」を感じた時、本当の幸福を手に入れられるのではないか。この本のおかげで幸せな未来への道のりを見つけられた気がしました。この本はすごい!!です。
      喜久屋書店千葉ニュータウン店 堀 一星さん

      家族や友人、恋人という言葉にとらわれない、相手を心から想う優しい気持ちが作品の中にあふれていて、私の心もとても温かい気持ちでいっぱいになりました。
      紀伊國屋書店福岡本店 宗岡敦子さん

      「心」と「絆」は実在するのだと更紗と文を見ていると強く感じました。誰の理解も承認も必要としない、でも二人は互いを強く求める。読まないと得られない波をぜひ味わってもらいたい。
      文教堂書店北野店 若木ひとえさん

      何度も何度も泣きました。何が正義で悪なのか、決めるのは周りではなく自分自身だと考えさせられる素晴らしい作品です。未読の方には是非一読願いたい。
      BOOK PORT鶴見店 渡辺美由希さん

      心置きなく笑い合える人と一緒にいられる事の幸せ、ほんとにただそれだけが幸せ。世の中の当り前の「幸せ」のくくりがとけて自由になった気がした。
      喜久屋書店小樽店 渡邊裕子さん

       

    • 東京創元社×講談社×ポプラ社三社合同
      凪良ゆう書き下ろし 書店応援ペーパー配布書店一覧

      新型コロナウイルス感染症の影響により休業や時短営業を余儀なくされている書店のために、なにかお役に立てることがあれば! という凪良ゆう先生ご自身の発案を元に特典ペーパーの配布企画を実施いたします。

      【特典ペーパーの入手方法】
      • 『流浪の月』(東京創元社/四六判)
      • 『神さまのビオトープ』(講談社タイガ/文庫判)
      • 『わたしの美しい庭』(ポプラ社/四六判)
      のいずれかを購入された方を対象とした購入者特典として配布いたします。

      【特典ペーパー掲載内容】
      • 『流浪の月』『神さまのビオトープ』『わたしの美しい庭』三作品の番外編となる掌編
      • 凪良ゆう先生コメント 本屋大賞受賞によせて
       
      *書店応援ペーパーの配布開始は6月12日(金)以降になります。書店によって配布開始の時期が異なりますのでご注意ください。
      *ペーパーには数に限りがございます。無くなり次第終了となります。
      *配布書店一覧につきましては順次更新いたします。

      【企画へのお問い合わせ】
      03-3268-8231(東京創元社 営業部 平日9:00〜17:00)または sales@tsogen.co.jpまでご連絡ください。